女性のキャリアと子育て

安部政権が掲げる成長戦略の一つに女性活躍の推進があります。事実キャリアを積んで男性と対等に活躍する女性の存在がクローズアップされる時代となり女性の管理職や役員も増えて来ました。しかし男性は20代から30代は自分のキャリアアップに邁進することのみに専念できますが女性の場合は第一子の出産と子育てと言う重要な問題を抱えています。そしてこの問題は日本においてはまだ有効な処方箋が見出せていないのが現状です。国も企業も暗中模索の状態にあり女性の活用を謳っていながら大きな矛盾を露呈しているのが分かります。第一子の出産とともに退職を余議なくされている現象が仕事を持つ女性の6割を占めており復職も厳しい状態にあります。
育児期間が長くなるとキャリア形成にマイナスとなるだけでなく仕事に対する意欲も下降線をたどってしまいます。また就職の際に産休や育休のことばかりに重点を置くと自己のキャリアに見合った魅力的な職場を見逃すことにもなりかねません。そこでベビーシッターの活用や整備の充実した保育園の選択を行ない仕事に集中できる環境作りをお薦めしたいと思います。ベビーシッターは子育て費用としては割高ですが管理職クラスで仕事をしている女性ならばそれなりの年収を得ているはずで夫婦共稼ぎで何とか捻出できる範囲の出費でしょう。良質なベビーシッターや保育園の存在は子供の子育て環境にも良い影響を及ぼすことと思います。子育て費用はあまりケチらず仕事に集中することを推奨します。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>